2018.12.1(土) 第6回関西連合同窓会 開催報告

 

同窓会っていいもんだな

 

第6回関西連合同窓会

12月1日(土)、穏やかな小春日和の中、187名の参加者を得て、第6回関西連合同窓会が太閤園にて華やかに開催されました。

大学側からは原田学長、山崎副学長、深町法学部長、水元文学部長はじめ各理事及び各学部長の先生方及び事務局が出席される中、同窓会組織からは、武夫原会・教育学部・理学部・工業会・薬学部・保健学科・医学部の各学部同窓会会長並びに関西連合同窓会の各学部役員が出席致しました。関西武夫原会からも会員の皆様45名が参加されました。

 

峰会長 会長挨拶

峯 健二会長による会長挨拶では、来賓参加者への謝辞、講演内容の紹介に始まり、西日本災害や北部地震の被害者へのお見舞い、更には各学部同窓会の組織拡大活動など多岐に亘り、結びに本日の総会・懇親会をぜひ楽しんでいただきたいと述べられました。

 

 

二塚会長 来賓挨拶

 

続く、二塚熊本大学同窓会連合会会長のご挨拶では、関西連合同窓会の活気のある会場の雰囲気を大変喜んでおられました。

そして、役員並びに卒業生表彰受賞者(今年は本島関西武夫原会会長が受賞されました)の紹介が行われ、総会を滞りなく終えました。

原田学長 基調講演

 

 

引き続いて、原田学長により「熊本大学の復興とその後」と題して基調講演が行われました。2016年の4.14及び4.16の未曽有の熊本地震を直後の混乱期から、復旧復興に向けた1年間の大学としての取組を今後の予測不可能な災害にその経験を生かすべく、記録集としてまとめ発行されたとのこと。地震直後の対策本部の設置から避難者の受入れや学生ボランテイアと職員による避難所での運営、被害学生への経済的支援、各キャンパスにおける倒壊した建物や設備の被害状況の調査、修理、修復、補強、更には撤去解体工事、そして今なお続く建直しのための復旧工事など極めて広範囲な作業が行われました。
その間、研究教育機関としての本来の役割を果たしつつ、関係各機関との調整や折衝など実に多忙な一年であったと述懐されました。

又、熊本復興のため、多くの住民が参加された震災復興デザインプロジェクトや熊本城等被害文化財の復旧・活用支援プロジェクト、新たな連携協定による産業復興プロジェクトや県内各地域で様様な取組みを行った復興ボランテイア活動支援プロジェクトなど、大学一体となった復興支援プロジェクト活動についてもご報告いただきました。

取り組み状況

熊本地震記録集

安高准教授 特別講演

続いて、本日の目玉でもあります熊本大学文学部の安高准教授により「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」と題し、特別講演が行われました。

世界文化遺産としての歴史的、文化的な意義や世界遺産認定の経緯における国内の議論と評価者(イコモス)との考えの違いなどから話が進行しました。

そして「潜伏信仰」や「関連資産」である「教会群」と「集落」との関係性など日本固有の宗教史としての価値をクローズアップされました。

後半では、島原天草一揆における歴史的背景や幕府のキリシタン禁教政策の政治的思惑など熊本大学所蔵の歴史文書なども交えて大変平易に説明していただきました。

安高先生は、今日広く流布された通説的禁教史に対し、寺請制度や踏み絵などの禁教策の実態を研究し、潜伏キリシタンは果たして悲劇的脈絡でのみ語られるべきなのか、歴史学者としての持論を展開され、大変興味が尽きないご講演でした。

又、世界文化遺産認定の過程における安高先生の功績は大変大きいものだったと言えるでしょう。

総会・講演会の後は、交流会の場に移りました。

まずはご来賓の瀬崎東京連合同窓会会長、安田九州連合同窓会会長、そして手島熊本県大阪事務所長より祝辞のご挨拶をいただきました。

乾杯のご発声は桑野関西連合同窓会名誉会長により行われました。桑野名誉会長は乾杯に先立ち、原田学長のこの3年間の任期におけるご功績を大変高く評価されました。

さて、いよいよ交流会の始まりです。

先輩と後輩、クラブの仲間同士、恩師とゼミの仲間、各企業の上司と部下、ふる里の仲間、高校の旧友、各地域の同窓会役員同士、学部や世代を超えて交流の輪があっという間に広がりました。次から次と人の輪は入れ替わり、中にはグラス片手に口角泡を飛ばす人、肩を組み写真を撮る人、和やかに時間が過ぎていきました。

年々、女性会員や若い会員が増加し、華やかさが増してきました。

そしてクライマックスは、第45代中村あゆみ応援団長の巻頭言による五高寮歌斉唱です。

応援団演武

10数年以上も団長一人の時代が続いた熊本大学応援団に、今春3名の新入生が入団し、今日は4人そろっての関西での初演武となりました。

黒の制服がキビキビと躍動し、雄たけびを上げました。

会場にいる人もみな、胸の奥底にしまっておいた熱い情熱が湧き上がってくるのを抑えきれず、合せて声を上げます。きらきらと目を輝かせ、こぼれる涙をぬぐい、背中に冷たい刺激が走る。心洗われるひと時でした。

 

児倉副会長 閉会挨拶

次回の関西連合同窓会は2年後の2020年に開催されます。閉会の辞では、さらに大勢の会員の皆さんの参加を御願いし、平成最後の関西連合同窓会総会・懇親会の幕を閉じました。

同窓会っていいもんだな。帰り際、そんな会話が聞こえてきました。

 

 

 S.46年卒 児倉静二 記

カテゴリー: 活動報告 | 2018.12.1(土) 第6回関西連合同窓会 開催報告 はコメントを受け付けていません。

関西武夫原会 秋のハイキング ほしだ園地 

 

星のブランコを全員無事に渡りました!

2018年11月18日

私市駅で集合!

当日は天候に恵まれ、さらに参加皆さんの和気あいあいの雰囲気をまといながら、交野市にある「府民の森 ほしだ園地」に行ってまいりました。最寄り駅は京阪私市駅「きさいち」と読めればあなたも立派な関西人です。最大のあるきどころは日本有数の長さ(280メートル)を誇る歩行者専用「星のブランコ」という素晴らしい吊り橋でした。

全行程7キロあまりと手軽な距離でありルンルンと楽しめる、はずでありましたが筆者にとってこの考えは甘く、橋に行く前に高低差 100メートル、長さ 400メートル延々と続く階段との戦いでありました。(体重75Kgにはちょっとですね)

そういえば学生時代もこのようなことがありました。トレーニングのため、駆け足で登る立田山、銭湯「竜宮湯」の前をスタートし、立田山入り口の左に下宿「来恩荘」を見ながら喘ぎ喘ぎ必死に駆けて、カーブ右にちょっとした休憩場所(夏の夜ここで酒を飲みずいぶん蚊にさされて)がゴール。そこからは夕日に映える金峰山と大学構内がよく見えました。なにせ50年前のことなので今も同じように見えるかはわかりませんが。

あと200メーター 頑張るぞ!

などと考えながら奮起し休み休みではありましたがやっと吊り橋に到着。まあ、標準体重と比べ10Kg米袋二つ分重けりゃいたしかたありません。メンバ-の皆さんには長時間まっていただき本当にありがとうございました。

登るのは苦手な筆者ですが高い所大好き人間です。280メートルはあっというまでした。あまりの人の多さに橋大丈夫かなと余計な心配をしつつ、心地よい揺れに身をまかせ天空を満喫しました。

昼食タイムは皆で持ち寄った酒、おつまみ、弁当で楽しく過ごし五縁を感じながら晩秋の森を感じ取りながらの楽しい一日でした。

無事 渡りきりました!

次のハイキングは奈良の高取と聞いています。またお会いしましょう。
(それまでにせめて米袋ひとつ分外さねば)

昭和49年法文学部卒 吉海祥一

 

カテゴリー: 活動報告 | 関西武夫原会 秋のハイキング ほしだ園地  はコメントを受け付けていません。

「関西熊本県人の集い」に参加して来ました!

昭和47年(第20回)卒 真佐喜 彰 

くまモンと記念撮影会

宮崎会長挨拶

第34回関西熊本県人の集いが2018年11月10日(土)に太閤園で開催され、参加して来ました。武夫原会からの参加者は、本島会長、岡本事務局長、松田会計幹事と小生の4人でしたが、会場には300人を超す人が集まり、熊本弁が飛び交っていました。開会の前にくまモンとの記念撮影会があり、我々もくまモンと一緒に写真に納まったところから始まりました。宮崎正郎関西熊本県人会連絡協議会会長の主催者を代表しての挨拶では、熊本城復興支援に取り組み熊本市長から感謝状を受け取ったとの報告や秋から冬、更には来年にかけてのイベント(観光物産展、全国高校駅伝、都道府県対抗駅伝、ラグビーワールドカップ、女子ハンドボール世界選手権等)の紹介があり、参加・応援の呼びかけがありました。

田嶋副知事挨拶

来賓として登壇した田嶋徹熊本県副知事は、震災から2年半が経過し着実に復興が進んでいるものの、未だに、2.5万人が仮設住まいであること、国道57号線や豊肥線の復旧がまだであることも報告されました。更に、熊本駅周辺の再開発が進んでおり2021年には新駅舎に建て替わることや交通センターの複合施設が来年秋にオープン予定で陸・海・空の玄関口の整備が進んでいるとの話がありました。

 

また、来年のNHK大河ドラマが熊本出身のマラソンランナーで「日本マラソンの父」と称される金栗四三を取り上げたものになるとの話も披露されました。八代生まれの「奇跡の4オクターブ」と言われる声楽家本岩孝之さんのミニコンサートを楽しんだ後乾杯、懇親会に移りました。

会場内では熊本の酒、焼酎が用意され、旧知の人やテーブルが一緒になった人との交流が盛んにおこなわれていました。懇親会の合間には、今年、長崎とともに世界文化遺産に登録された天草の崎津集落の様子がビデオで流されました。

また、信愛女学院出身で今年の関西武夫原会総会に五縁参加してくれた元2年連続世界女子空手チャンピオンの谷山佳菜子選手が12月1日にボクシングデビューするということで舞台に上がり盛んに声援を受けていました。

福引大会もあって一層会場は盛り上がり、最後は熊本県民の愛唱歌「火の国旅情」を合唱してお開きになりました。

「火の国旅情」合唱

カテゴリー: 活動報告 | 「関西熊本県人の集い」に参加して来ました! はコメントを受け付けていません。