関西武夫原会、春の五月山ハイキング

恒例となった関西武夫原会、春のハイキングは、能勢街道の要所、サクラとツツジで名高い池田市の五月山周辺を散策、好天にも恵まれ、春から夏への鮮やかな季節の移りを心ゆくまで満喫しました。

4月6日朝10時、阪急池田駅に集合した12歳から70ウン歳までの夫婦組を含む老若男女13名の一行は、前夜の雨風が嘘のようなハイキング日和、池田市のゆるキャラ「ふくまるくん」の前で、まずは熊大幕を前に集合写真をパチリ。さあ~一路五月山公園へ。

駅頭から続くサカエマチアーケードは店々に昭和の香りが漂い、通り過ぎるのが惜しい。

20分ほど坂道を歩いて五月山公園へ、入口には遅咲きのサクラとエノキの大木、新緑の香りが否応なく漂ってきたところに賑やかな笛太鼓の音、桜の古木に囲まれた広場には屋台が並び、チンドン屋の練り歩きに子供たちが群がっていました。さくら祭りも終盤です。

一行は、咲き誇る八重桜や枝垂桜を横目に五月山登山道「大文字コース」へ、急な坂道をあえぎながら登ると見晴らしの良い秀望台へ、遠く能勢の山々を背景に、ゆるやかに流れる猪名川とそれに架かる国内最大のコンクリート製斜張橋(ビッグハープ)の景観が素晴らしい。さらに山道を登り五月台へ、春霞たなびく大阪平野が一望、鳥のさえずりとさわやかな風、至福のひとときでした。

昼食までもうすぐの声に促され、更に歩いて愛宕神社へ、静かな境内には椿やシャクナゲ、源平花桃の花が色とりどりに咲き誇り、カメラのシャッター音が止まらない。

やがて蕾をつけたシャクナゲが続く林道「ひょうたん島コース」を進みます。鬱蒼とする周辺の大木には標識がついており、珍しい樹木の名を知るのも嬉しい。

しばらくして、新芽の吹き始めたコナラとサクラの若木に囲まれた休憩スペースに到着、 お待ちかねの昼食です。和やかな声が木立に響き渡り、南少年があちこち食べ物配りに大活躍。傍らにはミツバツツジ満開、ライトマゼンタの花びらが光芒を浴び、妖しく艶やかでした。

昼食後は林道を元気に下りていきます。そして、コースの終端は「緑のセンター」、温室内には多種多様の花々が咲き乱れ、強い芳香と原色に圧倒されます。女性陣は口々に花の名前を言い、行く春を楽しんでいます。

旅の締めは池田城址公園へ。櫓台の上から眼下の芝生の上で行われる邦楽の演奏と野点を眺め、今日の一日を惜しむように皆で声を上げました。

 (昭和46年卒SK記)

カテゴリー: 活動報告 | 関西武夫原会、春の五月山ハイキング はコメントを受け付けていません。

今年も肥後椿の花が咲きました(2018年)

肥後椿は、200年前から門外不出の花として肥後藩で栽培されてきた肥後六花(肥後椿、肥後芍薬、肥後花菖蒲、肥後朝顔、肥後菊、肥後山茶花)の一つです。

「一重平咲き梅芯」の格調高い名花で、特に花芯(雄しべや雌しべ)が雄渾華麗な花で、色も美しく、華やかで気品があります。

関西武夫原会会員諸氏が丹精込めて育てた花をご覧ください。

16回 Tさん 肥後大関

16回 Mさん 幸楽

18回 Oさん 幸楽

18回 Sさん 肥後大関

22回 Oさん 肥後大関

16回Mさん 肥後白雪

18回 Mさん 肥後白雪

18回 Oさん 肥後大関

16回 Mさん 田原坂

18回 Mさん 肥後大関

16回 Tさん 肥後大関

18回 Mさん 夜桜

16回 Mさん 紅梅

18回 Sさん 肥後大関

何と! 一つの木から二種類の花が咲きました!

肥後大関と幸楽 18回Oさん

肥後大関と幸楽 22回Oさん

 大きく育った肥後大関

高さが150センチを超えました!

18回Sさん

満開の花と可憐な蕾!

16回Mさん

 肥後山茶花も綺麗に咲きました!

18回 Iさん 艶姿(肥後山茶花)

 

前東京武夫原会会長九鬼氏からご寄贈頂いた肥後椿です!

挿し木できるようになった品種から順次お分けしたいと頑張っています。

H15年寄贈 肥後大関

H21年寄贈 肥後白雪

H22年寄贈 紅梅

H23年寄贈 肥後白雪

 

H23年寄贈 幸楽

H24年寄贈 田原坂

H25年寄贈 夜桜

 

肥後六花をお持ちの方、ぜひ写真を撮ってお送りください。

今年は残念ながら咲かなかった方、来年はきっと咲くでしょう。

皆で肥後六花を楽しみましょう。

 

(ホームページ作成委員会)

カテゴリー: 投稿記事, 未分類 | 今年も肥後椿の花が咲きました(2018年) はコメントを受け付けていません。

“くまモンファン感謝祭2018 in OSAKA”に行ってきました

第18回(昭和45年卒) 今泉(岩永)富美子

2月の三連休の初日10日(土)、大阪城、太陽の広場で催された「くまモンファン感謝祭」に初めて行きました。

雨でした!感謝祭は翌日11日(日)も予定されており、そちらの方が天気がいいだろうとは予想していたものの、いろいろ都合もあり、まあ午前中ぐらいは曇りでいってくれるだろうと、一人でひょいひょいと出かけましたところ、なんとずーっと雨でした。

それでも、皆さんは、このように雨合羽を着てくまモンの登場をじっと待っています。

今年のくまモンはオレンジ色の陣羽織を羽織って

応援に来てくれたゆるキャラの仲間たちと壇上で「ハイ!ポーズ!」。右横は「熊本城おもてなし武将隊」のメンバーで、この後、熊本の紹介や演舞を披露してくれました。

指  湯

午前中は32の出店ブースをさぁっーと見て廻りました。お馴染みの「馬刺し」や「辛子レンコン」はもとより、私が、このところ頻繁にお使い物などに利用している「晩白柚」を並べている店など、たくさん。

観光案内ブースのひとつに、小国町の「指湯」がありました。とても熱い湯。
小国町のどの温泉の湯か聞かなかったけれども、かつて一度だけ、山藤の美しい頃に訪れたことのある涌蓋山、その麓の温泉郷を思い出しました。

梅花女子大学のチアリーディングは中止!

本降りになってしまった雨のため、楽しみにしていたのにチアリーディングはなくなってしまいました。それでも、司会者はじめ、スタッフの皆さんは盛り上げるための工夫をいろいろとしていました。また、お客さんも雨にも負けず、くまモンをはじめとして、ゆるキャラたちとの交流を楽しんでいるようでした。

私は少し早めに失礼することとし、司会者の彼女たちが熱心に薦めていた、感謝祭限定グッズ「くまモンタオルマフラー」と好物の「いきなり団子」を買って帰宅しました。

来年はリベンジで、ぽかぽか陽気の日に、大阪城梅林の散策がてら覗いてみるつもりです。

カテゴリー: 活動報告 | “くまモンファン感謝祭2018 in OSAKA”に行ってきました はコメントを受け付けていません。