7/16(土)第3回九州連合同窓会に行ってきました。

第16回(昭和43年卒) 本島 昭男

平成28年7月16日(土)第3回九州連合同窓会がホテル日航熊本で開催されました。

基調講演では、原田学長が「平成28年(2016年)熊本地震 熊本大学の震災復興」と題して、大学の現況と学生達の支援の必要性とその現状を熱く語られました。私達卒業生も引き続き支援していきたいと思います。

小野友道先生による特別講演では、『漱石来熊120年-「医者の目で『吾輩は猫である』を読んでみる」』という新しい切り口で興味深く聞かせて頂きました。今年は漱石没後100年の記念すべき年でもあります。

その後、交流会で、懇親を深め、いつものように巻頭言・五高寮歌で閉会しました。

翌日、漱石の内坪井の家(第五の住居)は被災したので公開されていないとのことでしたので、第三の住居「大江の家」(現在は水前寺公園裏手に移築)を訪ねました。

漱石がくつろいだ縁側で一休み、なんだか漱石気分でした。
水前寺公園も一時は渇水状態でしたが、現在は水が戻っていました。

熊本大学の赤門、武夫原グラウンド、漱石の像、五高記念館なども巡って来ました。

五高記念館は現在、残念ながらロープやコーンで囲まれ、ブルーシートの覆いが掛けられたところもあり、閉館しています。

熊本城にも行ってきましたが、復興復旧に向けて大勢の方が頑張っています。

夜はライトアップされていて、夜空に高く浮かび上がる天守閣は以前と変わらず壮麗な美しさを見せてくれています。

関西武夫原会は創立50周年記念 総会・懇親会を平成28年9月3日(土)に開催します。

http://kansai-bufugenkai.net/?p=1650

学生時代を過ごした熊本を語り合いましょう。

 

カテゴリー: 活動報告 パーマリンク