“くまモンファン感謝祭2018 in OSAKA”に行ってきました

第18回(昭和45年卒) 今泉(岩永)富美子

2月の三連休の初日10日(土)、大阪城、太陽の広場で催された「くまモンファン感謝祭」に初めて行きました。

雨でした!感謝祭は翌日11日(日)も予定されており、そちらの方が天気がいいだろうとは予想していたものの、いろいろ都合もあり、まあ午前中ぐらいは曇りでいってくれるだろうと、一人でひょいひょいと出かけましたところ、なんとずーっと雨でした。

それでも、皆さんは、このように雨合羽を着てくまモンの登場をじっと待っています。

今年のくまモンはオレンジ色の陣羽織を羽織って

応援に来てくれたゆるキャラの仲間たちと壇上で「ハイ!ポーズ!」。右横は「熊本城おもてなし武将隊」のメンバーで、この後、熊本の紹介や演舞を披露してくれました。

指  湯

午前中は32の出店ブースをさぁっーと見て廻りました。お馴染みの「馬刺し」や「辛子レンコン」はもとより、私が、このところ頻繁にお使い物などに利用している「晩白柚」を並べている店など、たくさん。

観光案内ブースのひとつに、小国町の「指湯」がありました。とても熱い湯。
小国町のどの温泉の湯か聞かなかったけれども、かつて一度だけ、山藤の美しい頃に訪れたことのある涌蓋山、その麓の温泉郷を思い出しました。

梅花女子大学のチアリーディングは中止!

本降りになってしまった雨のため、楽しみにしていたのにチアリーディングはなくなってしまいました。それでも、司会者はじめ、スタッフの皆さんは盛り上げるための工夫をいろいろとしていました。また、お客さんも雨にも負けず、くまモンをはじめとして、ゆるキャラたちとの交流を楽しんでいるようでした。

私は少し早めに失礼することとし、司会者の彼女たちが熱心に薦めていた、感謝祭限定グッズ「くまモンタオルマフラー」と好物の「いきなり団子」を買って帰宅しました。

来年はリベンジで、ぽかぽか陽気の日に、大阪城梅林の散策がてら覗いてみるつもりです。

カテゴリー: 活動報告 パーマリンク