「関西志文会参加」報告

第27回(昭和54年卒) 松田 亨

平成30年5月20日(日)道頓堀ホテルにて開催された関西志文会に参加致しました。
来賓10名と志文会会員19名の合計29名の出席でした。
11時からの総会では、物故者・熊本地震犠牲者の方への黙祷の後、会長挨拶、経過報告、会計報告等が進み、会長挨拶ののち、理事長挨拶と続きます.

理事長からは「大学の卒業生は毎年千人で、通算の卒業生総数が10万人を超えるのもあと数年になったこと、熊本地震で募金を集めたところ、1億を超える金額になったこと」などが語られました。
その後懇親会となり、和やかな雰囲気となりました。私は武夫原会と志文会のゴルフ対抗戦の時に知り合いになった方、熊本県事務所の方などを中心に、名刺交換を行いました。

 

事務局長とも話をしましたが、やはり参加者が少ないことはとても気にしておられました。何か会員が興味を持てる工夫としては、ゴルフの他、カラオケなどをやっているとのこと。武夫原会では春秋ハイキングをやっていますとお伝えしました。
その後来賓挨拶となり、私は「最近話題のアメフットの件では、謝罪する相手の大学名を間違えるなど、もってのほか。相手へのリスペクトがない証拠だと思います。
志文会さんと我々の武夫原会は、お互いが相手をリスペクトできる関係でいたいと思います」と話をしました。

全体写真を撮って、会はお開きとなりましたが、翌朝の月曜日に志文会の会長さんと事務局長さんから電話があり、いずれも「総会参加のお礼」でした。

 

カテゴリー: 活動報告 パーマリンク