同窓会で5縁(血縁・地縁・学縁・社縁・趣縁)を繋ぎましょう!

第16回(昭和43年卒) 本島 昭男

   平成30年7月1日(日)天草高校同窓会関西図南会(あまたか関西)に出席しました。同窓会は天草から安田公寛会長はじめ来賓の方も入れて132名の参加で、大変賑わいました。会の前日、天草の崎津集落が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産として世界文化遺産に決定したことで一層盛り上がりました。

 高校の同窓会は今年から本部・支部と言う主従関係の表現をやめて、関西図南会としてスタートしました。ちなみに、図南会の「図南」をコトバンクで検索すると【「荘子逍遥遊より。想像上の巨頭、鵬おおとりが遥か南方に向かって翼を広げようとする意から」遠くの地で大事業をしようとすること。まさしく天草から関西へきた同窓生にふさわしい言葉です。今年は美人画で有名な鶴田一郎氏に対話方式で講演をしていただきましたが、鶴田氏もまさに「図南」の言葉にふさわしく、天草から関西へ飛び立って活躍中です。

12月1日(土)には第6回関西連合同窓会も開催されますので、その告知とお誘いを兼ねて、大学の5縁を尋ね、同期の教育学部Iさん、同期の工学部のS君、N君の他、先輩の工学部M氏、教育学部Hさん、法文学部の後輩S氏の席を回りました。
M氏は高校・予備校・大学・会社の先輩で、趣味も会社OB会で、夫婦共で旅行しています。今年は熊本大学准教授安高啓明氏に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の特別講演がありますとお誘いすると身近に感じられたようで大変興味を持ってくれました。

そして、5縁を通じて会話をしていくと不思議と話が繋がっていくものです。
65回生のNさん、66回生のNさんは私の息子が卒業した大学に通っており、若い人たちに5縁の不思議さを改めて感じさせられました。
天草高校図南会会長のYさんと話をしていると、武夫原会の村田会長と同期で、しかも、原田学長とも同期とのことです。Yさんとは、前日(6/30)熊本で開催された理事会でも一緒でした。武夫会の活性化の為、地方から応援していきたいものです。

熊本大学関西武夫原会は第53回の総会・懇親会を9月8日(土)11時から大阪第一ホテル 宴会場モナーク(大阪マルビル6階)で開催します。

第53回 熊本大学関西武夫原会総会・懇親会のご案内

あなたの5縁はどんなふうに繋がっていくでしょうか。
5縁(血縁・地縁・学縁・社縁・趣縁)を繋いで、明るく・元気で・楽しい関西武夫原会の同窓会でお会いできるのを楽しみしております。

なお、中小企業診断士・太田恵太郎氏による【熊本の小さな町工場の「夢への挑戦!」を関西から支援 ~ 高齢者の安心安全運転を実現する「ワンペダル」~】の講演を予定しております。

カテゴリー: 投稿記事 パーマリンク